2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Toggle

パイロット指輪物語 イラスト・文 ヨシムラマリ

パイロット指輪物語 第2話

パイロット指輪物語 第2話《 最高純度で丈夫なプラチナリングを作りたい!》

宝飾品の製造をスタートしたパイロットは、結婚指輪に着目する。

いわゆるファッションリングとは異なり、結婚指輪は一生身に付けるもの。

デザイン性だけではなく、耐久性も求められる。

そこに、万年筆製造で培った高い品質や技術力が活かせるのではないか、と考えたのだ。

結婚指輪の定番素材のひとつが、プラチナである。

その希少性もさることながら、「白金」の別名が持つ「純粋・純白・永遠」というイメージが、ウェディングにふさわしいと人気を博しているのだ。

しかしこのプラチナ、化学的に非常に安定しており耐腐食性も高い一方、やわらかく変形しやすいという弱点がある。

そのため傷がつきやすく、長く使われる結婚指輪としては、実は不向きな素材なのだ。

そこで通常は、硬さを補うために他の金属を混ぜて合金にする。

リングの素材に「Pt900」「Pt950」と書かれていることがあるが、これはプラチナの純度を表す数字である。Pt900なら10%Pt9505%の割合でプラチナ以外の素材が使われていることを示している。

しかしそこはパイロット。

結婚指輪として「純プラチナ」にこだわりたい、かつ丈夫で美しさが長もちするリングを作りたい、と素材そのものから開発することを決意。

最高純度の「Pt999」でありながら高硬度という、ウルトラハードプラチナ「UHP」の完成を目指すのだった。

【開発当初は純度100%のプラチナとしてPt1000の品位表示でしたが、201241日から造幣局による品位証明記号が、国際標準規格や日本工業規格に従いPt999表示に変更統一されたことにより、パイロットジュエリーもPt999表示となりました

ヨシムラマリ パイロット指輪物語 第2話

ヨシムラマリ 作者イラスト

ヨシムラマリ

神奈川県横浜市出身。子供の頃、身近な画材であった紙やペンをきっかけに文房具にハマる。現在は会社員として働くかたわら、イラスト制作や執筆を手がける。

著書『文房の解剖図鑑』(エクスナレッジ)

・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社パイロットコーポレーションは100年もの歴史のなかで、ペン先用金合金の開発・加工技術を脈々と積み重ねています

実用的なペン先用の貴金属なので

☆文字に抑揚がつけられる弾力があること

☆インキ(酸性・アルカリ性)の腐食にも長年耐えられること

☆ペン先端のペンポイントの接合が強く耐摩耗性にも優れ強いこと

このようなさまざまな難問を超えるために、特殊元素を添加したPILOTオリジナルの貴金属ペン専用金合金を生み出す、素材開発や加工技術を常に進化させる企業DNAが根底にあります

そのパイロットの長年継承するDNAが、結婚指輪製造に着手するにあたり、まず一番にこだわった、最高純度で丈夫なプラチナリングを作りたい!につながっていくのです

純粋 純白 永遠 パイロットのプラチナ結婚指輪

純粋・純白・永遠というイメージに相応しく、ブライダルジュエリーとして人気が高いプラチナ(白金)素材は、プラチナ単体で純度が高いままだと、柔らかく、変形しやすく、キズがつきやすいという弱点をもつため、通常は耐久性を考慮して他の素材(パラジュームやルテニュームなどの白金族元素)との合金化により、耐久性を増すためプラチナ純度を下げて使用しています

これらほとんどの結婚指輪に使用されているプラチナ素材より、パイロットは更なる品質向上を目指し、時代と共に高純度素材への移り変わりを見据え、他ブランドが使用している純プラチナ素材より純度が高く、更に強度も併せ持つ、パイロット独自の純プラチナ素材の開発に挑みました

純プラチナインゴット

新たな耐久性があり、強くて丈夫な純プラチナ素材の開発は、溶解方法から、純度・硬度の安定、さらには素材としての特許取得までを視野にいれ、約3年もの下積み研究の末、UHPウルトラ・ハード・プラチナの純プラチナ硬質素材開発に成功しました

UHPを使うパイロットブランド最上ランクの結婚指輪をお買い求めの皆さんからのクチコミは…

結婚指輪クチコミサイト『リングラフ』

パイロットコーポレーション100年の歴史は…

パイロットコーポレーション 100周年記念 2018

PILOT 100周年記念サイト アーカイブ

プラチナについての歴史や正確でより詳しい情報は…

☞ PGI プラチナ・ギルド・インターナショナル

Return Top