2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Toggle

パイロット指輪物語 イラスト・文 ヨシムラマリ

パイロット指輪物語 第6話

パイロット指輪物語 第6話

《さらなる新素材への挑戦「Ptau 」》

さて、UHP(ウルトラハードプラチナ)により、高純度でありながら高硬度という今までにない素材の開発に成功したパイロットだったが、新素材開発への情熱はその後も続いていた。
その結果誕生したのが、「Ptau(ピトー)」である。「Ptau」はその名の通り、プラチナ(元素記号Pt)と金(Au)を1対1の割合で混ぜ合わせた、100%貴金属からなるパイロットのオリジナル素材だ。
プラチナと金は、単体だといずれもやわらかい金属で、そのままだと変形したり傷がついたりしやすい。だが、この2つを合金にすると、元の金属よりも硬くなる性質があることが知られていた。
ひとつひとつは弱い素材なのに、結びつくことで単体のときよりもずっと強くなる。それって、結婚も同じではないだろうか?ブライダルジュエリーの素材として、これほどふさわしいものは他にあるまい、と次なる挑戦が始まった。
「Ptau」の開発には、当初から譲れないこだわりがあった。それは「プラチナと金の比率を1対1にする」ことである。人生を共に歩む夫婦は、各々異なる性質はあれど平等で対等なのだから、2人を象徴する素材であるプラチナと金の比率も、1対1でなければならないのだ。
しかし、この「1対1へのこだわり」が、後にとんでもない苦労を招くことになるのであった…。
パイロットブランド最強の結婚指輪 ピトー イラスト
『耐摩耗性に優れるPtG1000、この世界無比の特許取得を担った開発担当者によると、500600H vと硬くすることは容易だが、指輪という特性から靭性にも考慮した上で、300H vに目標値を定めたとのこと。硬い=脆いという場合もあり、開発の奥深さを感じました。』
ヨシムラマリ イラスト
ヨシムラマリ

神奈川県横浜市出身。

子供の頃、身近な画材であった紙やペンをきっかけに文房具にハマる。現在は会社員として働くかたわら、イラスト制作や執筆を手がける。

著書『文房の解剖図鑑』(エクスナレッジ)

・・・・・・・・・・・・・・・

常日ごろから、『硬さ』にこだわった素材開発を主に行っていたパイロット開発技術陣、そのあくなき探究心から始まった貴金属の新素材開発は、いよいよ純金と純プラチナの貴金属100%素材のみで合金化するという、前人未到の開発に着手しました

純金はビッカース硬さ約30H v(ハードビッカース)、純プラチナはビッカース硬さ約40H vという、単体では柔らかな素材ですが、この2つの貴金属素材を合金化することで、強さや硬さが上がることは、金属の世界に携わる方々にはわりと知られていたようですが、なんせ素材のなかでも、特に高価な貴金属素材ですので、わざわざこの高価な素材2つを使用して合金化するという考えが、そもそも通常のモノづくりの世界では無く、未だ市場には存在していなかったこともあり、開発当時のプロジェクトリーダーの一声からスタートしたそうです

純金・純プラチナ 元素記号周期表

そして、この純金と純プラチナを均一に混ぜ込むことが果たして可能なのか…

素材として均一に混ぜることが出来たとしても、その素材で製品化ができ、問題なく販売する品となるのか…

未だかつて、市場には存在していない素材だからこそ、まったくの手探り状態での開発となり、その上さらには、新郎新婦が二人で協調協力しながら、新たな人生を歩まれることをイメージした、1対1比率の配合にこだわったことが、その後数年間の苦労の連続となるドラマを招くことになりました

(開発担当者の方曰く、純金と純プラチナの配合比率を変えれば、より容易な作業になるのはわかっていたが、あえて困難な1対1という比率で開発を目指したそうです)

純プラチナと純金 1対1 合金 パイロット ピトー

純金と純プラチナを溶かして塊を作り、鍛造指輪製造のために、圧延をしてみたら、なんと真っ二つに割れてしまい、ブライダル用素材を開発するのに、いきなり縁起でもない事象が起き、その加工の難しさを開発技術陣は直ぐに実感させられたそうです

パイロットブランド最強の結婚指輪 ピトー パイロットブランド最強の結婚指輪 ピトー

この二つの純貴金属だけを混ぜ合わせた新素材は、溶解上がりの時点では硬くて粘りが無いという、製品加工にはまったく適さない素材であり、素材開発はまずは硬度をいかに下げるかという、なんとも矛盾した作業から始まりました

通常金属加工では、ある温度から水につけて柔らかくする「焼きなまし」という工程が知られていますが、この新素材はまったく柔らかくならず、硬度を下げるという事に苦労するとは思いもよらぬ事態でした

当時はまだPtau(ピトー )という名称も存在しない、新たな新素材の開発ですが、その後もまだまだクリアしていかなければならない課題山積のなか、この硬度を下げることに成功した第一歩が、まさしくPILOTにとっても、偉大な一歩となりました

ピトー Ptau 純貴金属素材なのに耐久性が優れるハイブリッドマテリアの結婚指輪

この後も、次々とパイロット技術陣に起きる開発試練のドラマ、次号『パイロット指輪物語 第7話』

乞うご期待ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

PILOT パイロットブランド

最強の結婚指輪 『Ptau ピトー 』の試着・下見のご希望は…

横浜駅東口から雨に濡れずに

徒歩🚶‍♀️3分 横浜YAMATO へ

⇨ただいま事前のご予約案内中

横浜YAMATO スカイビル本店

指輪の耐久性をご自身で体感

『パイロット・ペンチテスト』

ご希望の方は、必ず事前予約してからご来店ください

Return Top